論証 Logical Argument


|| 人間が行う推測のやり方

『哲学』の一分野な『論理学』の用語です。

『理論』という概念の「構造」は、これと思って良いです。

スポンサーリンク




前提」から「正しい結論」が「得られるよ」っていう、

人間が普通にやる、推論によって導かれた「主張」のこと。



「妥当なもの」と「妥当じゃないもの」の両方があります。

妥当に関しては↓ 「正→正」みたいな)





目次


前提「主張の根拠や理由になるもの」

結論「主張の本筋となるもの」



論理的主張「前提と結論がセットな主張」

妥当「正しいものから正しいものが得られること」


論理的帰結「前提の結論になる、結論のこと」



それぞれの違い







前提 Premises


|| あれだからこれ、のあれの方

なにかを「宣言した文」のこと。(集まりでもOK)

形式的には「文の集まり」として「 Γ 」みたいに書かれます。

(意訳すると「あーでこーでそーで」みたいな)




「~だから、こうじゃん?」みたいに言うことがあると思います。

これの「~だから」の部分が、いわゆる『前提』です。






結論 Conclusion


|| あれだからこれ、のこれの方

こっちも「宣言した文」のこと。

形式的にはとりあえず「 A 」と書かれます。

(和訳するとそんまま「こうです!」みたいな)




「宣言した文」は「真か偽」かちゃんと判定されます。(後で)

命題』みたいな。(正確には命題を含んだ文)




これは、要は言いたいことですね。

「こうでしょ、だってこうじゃん」って感じの言い回しだと、

「こうでしょ」の部分が『結論』になります。







論理的主張 Logical Assertion


|| あーだからこう、っていう言い方のこと

「前提」と「結論」のセットのことです。

形式的には「 Γ/A 」と記号で表せます。

(和訳すると「あーでそうだからこうだろ!」みたいな)




いわゆる「論理性」ってやつの決まりみたいなもんです。

この条件を満たす時、論理的だってことになります。




具体的には、「論理的」だっていうことは、

「前提(根拠)」で「結論」に説得力を持たせて、

それから『主張』することだ、って感じ。



この用語はそれを表す単語です。







妥当 Valid


|| おかしくない感じ

「正しい」ことから「正しい」ことを導けるよ!

そんな感じを表すのが「妥当だね!」という感じ。




もうちょい固く、形式的に言うなら、

前提を「 ( ゚Д゚),(*´Д`),(/・ω・)/ 」とした時、

結論が「 (=゚ω゚)ノ 」で「真」だったら「妥当」って言えます。




つまり、↓が成立しないと「妥当」って言えない。

( ゚Д゚) (*´Д`) (/・ω・)/ \,\,\,⊨\,\,\, (=゚ω゚)ノ




もっと具体的に言うと、

例えば「君は賢いから」「頭髪を毟る」とか、

こういう意味わかんない主張は変でしょう。



こういうのを除去するために、

『妥当なものだ』っていう宣言がいるわけです。




このままだと↑のやつも論理的ってことになるんで。

使えるのは『妥当な論理的主張』だけですし。







論理的帰結 Logical Consequence


|| 正しい論理的な主張

言ってしまえば「結論」のことで、

その条件が「論理的主張が正しい(真)こと」になります。




形式的には「 Γ\,⊨\,A 」と表されます。

読みは「 AΓ の論理的帰結です」です。




要するに「よく使う説得力のある推論」のこと。

『人間が扱って正しく感じる』のは、基本的にこれになります。




例えば「人の身体は衰えるから」「いつか死ぬ」とか。

「やりたいから」「やってる」とか。







結論」と「論理的主張」と「論理的帰結


似たような単語が多いんで、ちょっと整理します。

↑の三つは基本的に全て「結論」なので、その違いをしっかりと。






結論


これは、ただの「文」のことです。

このままだとまだ「真偽」が分かりません。






論理的主張


「前提」と「結論」のセットのことです。

とはいえただの「主張」に過ぎません。

ですからまだ、「真偽」は定まっていません。






論理的帰結


論理的主張」が正しい)なら、

そのときの「結論」のことを「論理的帰結」言います。

要は「前提から得られた正しい結論」のこと。



このとき、はじめて「結論」は「」になります。

逆に言えば、ここまで限定しないと真偽が確定しません。






まとめると↓になります。



「結論」(真偽不明)

「論理的主張」は、「前提」と「結論」のセット(真偽不明)

「論理的主張」が「真」なら、「論理的帰結」は「真」(結論は真)




こう見ると、ちゃんと全部違うわけですね。

一番ボヤっとしてるのが「結論」で、

一番カシっとしてるのが「論理的帰結」です。






けっこう限定されてるんですけど、

人が説得力を感じるのは一番カシっとしてるやつなんですよね。

なんかちょっと不思議です。