制限 Restriction


|| 名前のまんまな印象で

一言で言うと、初めのものを絞る感じ。

そっからそこまで、の「そっから」をちっちゃくするみたいな。

スポンサーリンク




形式的な言い回しになると、



写像の『定義域』を『定義域の部分集合』にする操作のことです。

部分集合になるんで、サイズはちっちゃくなります。

その狭める感じから『制限』がきてるわけですね。




形式的な定義としては、

「定義域 domain(f)=S 」として、

その「部分集合 S_{pt} 」を作ると、



『写像 fS_{pt} への制限』は↓みたいに書かれます。



f|_{S_{pt}}:S_{pt}\,→\,image(f);\,\,\,e↦f(e)



つまりこの『写像 f|_{S_{pt}} 』が「制限」です。






要するに「区間」みたいな考え方です。

「実数全体」を「 0≤x≤1 」の範囲にして、

「関数 f(x) 」を考えるみたいな。






極大値と最大値の違いとかで見ます。

なんとなく覚えておきましょう。