法則 Law


|| 意味と解釈

一定の条件が与えられとき、必ず成り立つもののこと。

公理やら定義と違って、真偽は条件によって定まります。

スポンサーリンク




これは単なる「現象」のことですね。

「ルール(定義)」とも「原理(公理)」とも違います。

正しくなる順番の比較をすると↓みたいな感じです。



公理 → 真

定義\mathrm{well}\mathrm{defined} → 真

法則 → 条件,前提 → 真か偽か不明か



見ての通り「真偽が定まるまでの手順」がまったく違います。

特に「真 → ?」ってとこは重要です。

無条件に正しいからと言って、それが何になるわけでもありません。






具体例


科学的に得られた知識のほとんどは法則になります。

これは一定の条件、あるいは前提が定まって、

初めて一定の結論が得られるていることから当然の話です。



例えば理想気体なんかを条件とするのは、そんな感じになります。

理想気体という条件(前提)のもとで、

状態方程式は正しさ(真である)を得ているわけですから。



それに単純な字面でも分かります。

理想気体の状態方程式の英訳は「ideal gas Law」ですし。






使われ方


多岐に渡るので、探せばすぐに出てきます。

いずれも条件がしっかりと定まった場合にのみ、

法則は「現象」として観測することが可能になります。






公理、定義との違い


単純に、正しさが決まる順番に明確な違いがあります。

法則は「真偽が条件に依存する」のに対して、

公理や定義は「条件に関係なく、絶対に真」になります。



公理に関しては「公理であるなら真」となるので、

変な話、それが「真ではない」という状態になるなら、

それはそもそも公理ではないということになります。




とはいえ、定義や法則は「真ではない」ことがあり得ます。

「定義は絶対に真」となるのは、これは単なる決まりです。

公理のように「無条件で真」とは、また違います。



どういうことか、分かりやすい感覚的な話をすると、

「法則が真じゃない」ことには、価値があります。

しかし「定義が真ではない」ということには、価値がありません。



なぜなら、定義は「実現のための都合の良い決まり」です。

「明らかに変な決まり」には、変だという以上の意味はありません。

しかし法則は現象ですから「起きるか起きないか」に意味があります。




例えば、笑ったら勝ちという前提のもとでなら、

勝ちたいのなら、笑うことに価値はあります。



そしてその前提が存在しなければ、笑うことに意味はありません。

とはいえ、その「笑う」という現象の意味は残り続けます。




しかし、よく分からん決まりがあったらどうでしょう。

「殴ったら勝ち、殴ったら負け」という決まりがあったとして、

さて、この決まりになにか意味はありますか?



いわゆる矛盾律っぽいものになりますが、

はて、どうでしょう?

この決まりに、なにか意味はあるのでしょうか。



あってもなくても特になにも変わりません。

あったところで意味はなくて、なかったとしても意味はありません。

なら、特に意味もないと思われます。






数学では


有名なものだと、統計学の基礎となる「大数の法則」があります。

ただそれより、主に代数学でよく見かけます。



例えば「結合法則」であったり「分配法則」だったりは、

一定の条件(集合+演算)があって成立します。




それと「法則」の他にも、「律」などと呼ばれることがあります。

先ほどの例であれば「結合法則」を「結合律」と言ったり。

ちょっとややっこいんで、この辺覚えておきましょう。