真理値割り当て Truth Assignment


|| 真理値を割り当てるやつ

こいつは「なにか(文だったり論理式だったり)」に、

真理値」を「割り当てる」ものです。

スポンサーリンク




はい、つまりなんじゃらほいってなると思いますので、

じっくりと解説していきます。




結論から言えば「関数のようなもの」と捉えて良いと思います。

(自分はこれで特に問題は感じません)




より専門的な知識を使うなら「写像」ですね。

なんらかのもの(なにかを主張する「文」なり「論理式」なり)に、

「真か偽」を示すなんらかの「値( 0,1 とか)」を対応付けます。



この対応をとってから「主張」の「真偽が確定する」わけです。




そんなわけで、実際にそれを表してみると、

M[φ]=⊤ 」という感じになります。




ここでの「 M 」が「真理値割り当て」で、

φ 」は「主張」を表す「文」だったり「論理式」だったり。

M[φ] 」のことは『解釈』と言ったりします。




この「真理値割り当て」は『モデル』の一種と捉えても良いです。

というか定義はモデルの一種になります。




その「モデル」と「真理値割り当て」を比較すると、



『モデル』は『意味』を与える枠のようなもので、

「真理値割り当て」は『真偽』という『意味』を与える枠

と言えます。



数学で使われるのは『真理値割り当て』ですね。

「モデル」はより広い意味になります。