集合論

 

概要「ほぼ全てのことを説明するためのもの」

集合「ほぼ全てを表せる万能の材料」

写像「集合と集合の間を結ぶやつ」

 

 

類・クラス「集合っぽいけど集合じゃないものも含む」

公理的集合論「集合の意味を厳密に定めたルール」

真理集合「真理値を表現するための集合」

 

 

基数「集合が持ってる要素の数を表す値」

カントールの定理「無限の性質を理解するための話」

 

 

整礎関係「ちゃんと地面がある感じ」

整礎的集合「最下層に空集合がある集合」

推移的集合1<2<3 \,\,→\,\,1<3 みたいなのを表現できる集合」

整列集合「整礎関係も推移関係も満たす集合」

 

 

順序数「人間にとっての数の正体」

順序集合「順序数を表現するための集合」

 

 

極限基数「大きさが無限になる基数」

到達不能基数「規則で表せる数学の天井」

 

 

区間「数直線の一部を切り取ったもの」

有界集合「有限の値で挟み込める区間」

制限「範囲を意図的に狭くする操作」