分布 Distribution


|| 点の集まり

要は「データの広がりを視覚化したもの」です。

スポンサーリンク




いろんな表し方がありますが、基本は↑

一番それっぽいのは「平面にたくさん点がある」感じのやつ。

関数での線グラフも「繋がった線の集まり」と見れば良い感じです。






話は変わって、

分布に関連する統計の用語を二つ紹介しておきます。

なんとなく字面で分かると思いますが、曖昧さの解消に。






変量 Variate


いわゆる「具体的じゃないデータの表し方」のことです。

例えば『 X 』とか書かれたりします。




形式的には「確率変数」のことを指してます。同じ意味です。

「離散型」と「連続型」の 2 種類あります。



「離散型」はサイコロや得点などの『限定されてる』感じ。

「連続型」は身長や体重なんかの『なんでもとれる』感じ。






観測値 Observed Value


いわゆる「測定結果(データ)を数値にしたもの」のこと。

実測値とか呼ばれたりもする。




具体的には、例えば「身長」なら、↓みたいなのが観測値

168.9,174.5,185.3